メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

吉野さんノーベル賞 脱炭素、旗振りたい 一問一答

 ノーベル化学賞の受賞が決まった吉野彰さん(71)は9日夜、東京都千代田区の旭化成本社で毎日新聞の単独インタビューに応じた。一問一答は次の通り。

 ――スウェーデン王立科学アカデミーはリチウムイオン電池の開発を脱炭素社会、環境問題への貢献があったという点で評価した。

 ◆この15年ほど、(賞の候補として私の)名前が出てきていたが、私はIT(情報技術)だけではだめだと思っていた。環境問題がからむようになり、この5年ほどは電気自動車が市販されるなどの動きがあり「きたかな」と思った。

 ――リチウムイオン電池は環境問題のどんな分野でさらに貢献できるか。

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文827文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです