メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の世界を読む

米中対立と東南アジア 危機への対処考えるとき=熊本県立大理事長・白石隆

会談前に握手する安倍晋三首相(右)とマレーシアのマハティール首相=首相官邸で2019年5月31日、川田雅浩撮影

 米中「新冷戦」が本格化している。対立は貿易、科学技術管理、インフラ整備、安全保障から次世代通信規格5Gまで多岐にわたる。では、この対立は世界的、地域的にどんな意味を持つか。東南アジアを念頭に考えよう。

 まず貿易戦争の影響である。世界経済も中国経済も減速している=1。最近の中国政府の発表では、工業生産伸び率はリーマン・ショック直後以来の低水準となり、小売売上高、投資の伸びも縮小した。世界貿易も収縮している。影響は国によって違う。貿易依存度が200%を超えるシンガポールのような国では経済の伸びは大きく減速した。一方、貿易依存度が50%台のフィリピン、30%台のインドネシアでは経済成長率は5%超で推移している。

この記事は有料記事です。

残り2702文字(全文3009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです