メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ヤフーとLINE、経営統合へ
メディア時評

未来を考える原発報道を=谷口尚子・慶応大大学院准教授

 日本は2発の原子爆弾で大きく傷ついたが、戦後は「原子力の平和利用」に期待を寄せるようになった。1954年7月2日朝刊の毎日新聞社説は同年の第五福竜丸事件を案じながらも、ソ連で始まった原子力発電が「人類を新しい段階にみちびく光明」になり得るとした。

 国は戦後復興・高度経済成長で急増する電力需要を見越して原発の実用化と建設を急いだ。ただし、科学技術庁が大型発電炉の大事故が莫大(ばくだい)な損害を生むという試算結果を発表したように(61年4月21日朝刊)危険性は当初から意識されていた。そして東京電力が福島第1原発1号機の炉内に核燃料を入れたという小さな記事が70年7月4日朝刊に掲載される。

 原発の難しさが世界的に認識されたのは、米国のスリーマイル島原発事故(79年)やソ連のチェルノブイリ…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文838文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  3. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 梅毒 患者、48年ぶり6000人超 出会い系アプリ一因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです