メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ、クルド地域攻撃 シリア北部 米軍撤収逃さず

 トルコ軍は9日、敵対するクルド人勢力が支配するシリア北部への攻撃を始めた。トルコのエルドアン大統領が同日、自身のツイッターで明らかにした。これまでは現地の駐留米軍がクルド人と連携してきたため、トルコは大規模攻撃を控えてきたが、米軍は10月に入り撤収を開始。トルコ軍はこの機会を利用して軍事作戦に踏み切った格好だ。今後大規模な武力衝突に発展すれば、中東情勢が一層不安定化する可能性がある。

 エルドアン氏の書き込みによると、トルコ軍は、協力関係にあるシリア反体制派「自由シリア軍」と共同で作戦を実施。「平和の春」作戦と名付け、シリア北部を拠点とする民兵組織・クルド人民防衛隊(YPG)や過激派組織「イスラム国」(IS)を掃討して「トルコ南部国境につながる“テロリストの回廊”の構築を阻止」し、「安全地帯を作ってシリア難民の帰還につなげる」としている。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブラジルの感染者、50万人超え 1カ月足らずで5倍 死者3万人に迫る

  2. 老舗漬物店「丸八やたら漬」廃業へ 5月末で 観光客の減少響く 山形

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです