メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

アイルランド国境 英の提案、EU難色 通関手続き疑問視

英議会で演説するジョンソン首相(右手前)=ロンドンで9月25日、ロイター

 英国の欧州連合(EU)離脱問題を巡る交渉が大詰めを迎えている。英国はEUに対し、最大の懸案であるアイルランド国境問題について「最終提案」を通告し、今月31日に迎える期限内での離脱に道筋を付けたい考え。だが、EU側は難色を示しており、交渉決裂の可能性が高まっている。決裂した場合、英議会はジョンソン首相に離脱期限の延期要請を義務付ける法律を成立させたが、ジョンソン氏は延期をかたくなに拒んでおり、「合意なき離脱」のシナリオも消えていない。【ロンドン服部正法、ブリュッセル八田浩輔】

 ジョンソン英首相とメルケル独首相は8日、電話協議を行った。英メディアは英首相官邸筋の話として、メル…

この記事は有料記事です。

残り2310文字(全文2600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです