メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

アイルランド国境 英の提案、EU難色 通関手続き疑問視

英議会で演説するジョンソン首相(右手前)=ロンドンで9月25日、ロイター

 英国の欧州連合(EU)離脱問題を巡る交渉が大詰めを迎えている。英国はEUに対し、最大の懸案であるアイルランド国境問題について「最終提案」を通告し、今月31日に迎える期限内での離脱に道筋を付けたい考え。だが、EU側は難色を示しており、交渉決裂の可能性が高まっている。決裂した場合、英議会はジョンソン首相に離脱期限の延期要請を義務付ける法律を成立させたが、ジョンソン氏は延期をかたくなに拒んでおり、「合意なき離脱」のシナリオも消えていない。【ロンドン服部正法、ブリュッセル八田浩輔】

 ジョンソン英首相とメルケル独首相は8日、電話協議を行った。英メディアは英首相官邸筋の話として、メルケル氏が、提案に基づいて英EUが合意できる可能性は「非常に低い」とジョンソン氏に述べたと報じた。

この記事は有料記事です。

残り2262文字(全文2600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです