メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

エネルギー事情の激変と安保=国家公務員共済組合連合会理事長・松元崇

 「最近、日本の商船の船員さんたちが、護衛艦と行き交う時にデッキに出て手を振ってくれるようになった」。私が関係しているフォーラム21という官民の勉強会で、海上自衛隊の人が語っていた話だ。

 この話の背景にあるのが、本年6月にホルムズ海峡で日本のタンカーも攻撃を受けた中東での緊張の高まりだ。それに対しては、米国主導の有志連合構想と英国主導の船舶保護構想が提唱されており、日本でも、過去3回発令された自衛隊法に基づく船舶を護衛する海上警備行動が選択肢に挙がっている。

 今日、米国は世界の警察官をやめる流れにある。中東での緊張が高まっても、その流れに変わりはなさそうだ…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです