メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

即位礼 皇族の出迎え見合わせ 参列する海外王室に 成年男性減り、慣習もやむなく

前回の即位礼正殿の儀に参列した海外の国王など各国の元首ら=皇居・宮殿で1990年11月12日、山田茂雄撮影

 天皇陛下が国内外に即位を宣言される儀式「即位礼正殿の儀」(22日)に参列するため来日する海外の王室に対し、前回は行った空港などでの男性皇族による出迎えと見送りが実施されないことになった。宮内庁への取材で判明した。対応できる皇族が秋篠宮さま1人になったことが背景にある。皇族が減っている現状が映し出された格好だが、同庁幹部は「もてなしの気持ちに変わりはない」としている。

 前回の儀式は160の国と国際機関のトップらが参列した。このうち26カ国の国王らについて、皇室の慣習…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  2. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  3. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです