メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弥生の祈り、女性シャーマン 奈良で発掘の土器、胸に乳房

女性のシャーマンとみられる人物が描かれた土器片=奈良県田原本町教委提供

 奈良県田原本町教育委員会は9日、同町唐古の弥生時代の遺跡、清水風(しみずかぜ)遺跡の発掘調査で、両手を広げた女性シャーマンとみられる人物を描いた土器片1点が見つかったと発表した。胸の部分に丸い形で乳房が表現されている。町教委によると、手を広げた格好のシャーマンの絵画土器の発見は過去に全国で19例あるが、女性とはっきり分かるものは初めてという。

 土器片は甕(かめ)の破片で縦12センチ、幅16・3センチ。弥生時代中期(紀元前1世紀)の頃のものと…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです