連載

ひと

話題のひと、ニュースのひと、そのホットな人物をエピソードと経歴を交えて紹介します。

連載一覧

ひと

守田稔さん=視覚障害をもつ医療従事者の会代表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
視覚障害をもつ医療従事者の会代表・守田稔さん
視覚障害をもつ医療従事者の会代表・守田稔さん

守田稔(もりた・みのる)さん(43)

 視覚障害者の福祉、文化などの分野で活躍する個人や団体に贈られる「第56回点字毎日文化賞」に会の受賞が決まった。全盲の医師や弱視の理学療法士らが貴重な経験を共有しようと、2008年に設立した。当初から代表を務める。「地道な交流が評価され、会のこれからに期待を寄せていただけたのがうれしい」と、顔をほころばせる。

 体の免疫異常で運動神経に障害の出るギラン・バレー症候群を患い、車椅子生活を送る。小学4年の時に発病し、医大生だった23歳で再発した。手足の障害に加え、次第に視力も低下した。全盲になったのは01年。絶望感を抱く一方、「生きたい、働きたい」と強く願った。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文681文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集