メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

科学映像を次代に残す 市民団体がデジタル化

 日本では100年近く前から多くの科学映画が作られてきたが、近年はフィルムの劣化などでその貴重な映像が失われつつある。危機感を持った市民団体が古い映像を収集、デジタル化し、インターネット上で無料公開する試みを続けており、人気だ。【柳楽未来】

 ●かつて積極活用

 日本では1930年ごろから、自然の仕組みなどを克明に撮影した科学映像が盛んに作られ始めた。36年には国内で初めて映像で日食をとらえた「黒い太陽」が発表され、高い評価を受けた。39年には、物理学者の中谷宇吉郎の指導によって撮影された「雪の結晶」が発表された。タイトル通り雪の形成過程が明らかにされ、結晶の不思議な模様が評判になったという。戦前から科学映像は記録を残すだけでなく、科学の解明や教育に積極的に利用されてきた。

 戦後も映像製作は盛んで、60年代ごろまではフィルムが巡回され映画館などで上映された。しかし、テレビ…

この記事は有料記事です。

残り1344文字(全文1733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 千曲川決壊、過去最大の水量による水圧 越水も重なる 台風19号

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです