メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

有人月面探査、日本協力を 「アルテミス計画」 NASA長官講演

月・火星探査の意義を語る米航空宇宙局(NASA)のブライデンスタイン長官=東京都文京区の東京大弥生講堂で2019年9月24日、池田知広撮影

 米航空宇宙局(NASA)のブライデンスタイン長官が東京大で学生らを前に講演し、2024年までに宇宙飛行士を月面に着陸させる米国の「アルテミス計画」を紹介した。計画を火星有人探査へのステップと位置付け、「探査のアドベンチャーに携わってほしい」と日本の協力を呼びかけた。

 講演があったのは9月24日。紹介されたアルテミス計画は1960~70年代の「アポロ計画」以来、約50年ぶりとなる有人月面探査計画で、今回は女性宇宙飛行士を最初に着陸させる。アルテミスはギリシャ神話の月の女神で、アポロとは双子のきょうだい。長官は「60年代は女性が宇宙飛行士になれなかったが、今…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 6歳児がバス停表示ミス次々発見 バス会社が感謝状 「好きなこと頑張れば特別なことが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです