メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関電金品受領問題 続投明言、1週間で撤回 2トップ「責任明確に」

記者会見の冒頭で辞任について話す関西電力の八木誠会長=大阪市福島区で9日午後3時4分、山田尚弘撮影

 「信頼を失墜させた」「社会の皆様のお気持ちを裏切った」。続投表明から1週間で、関西電力のトップ2人は一転、辞任に追い込まれた。役員らが福井県高浜町の元助役から多額の金品を受け取った問題への批判はやむことなく、八木誠会長と岩根茂樹社長は9日、辞意を表明。

 会長や社長も金品を受け取っていた前代未聞のスキャンダルは自浄できず、「隠蔽(いんぺい)体質」とも批判された組織風土を変えられるのか、第三者委員会に委ねられた。

 「原因究明、再発防止策をまとめる前に職を辞するのは事態を投げ出すものと考えていたが、社会の声を真摯…

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文889文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです