メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風15号1カ月 鉄柱倒壊、手つかず 「早く撤去して」「補償合意が先」

台風15号により倒壊してから1カ月が経過したものの、撤去されないままになっているゴルフ練習場の鉄柱=千葉県市原市で2019年10月9日、本社ヘリから尾籠章裕撮影

 千葉県市原市のゴルフ練習場「市原ゴルフガーデン」近くの住宅街では、台風15号による強風で倒れた鉄柱十数本が家の屋根などに倒れたままだ。練習場側が被害補償について曖昧な態度を示していることもあり、鉄柱の撤去に関する住民合意が整わない状況になっている。【加藤昌平】

 「時間がたつにつれ、鉄柱が少しずつ沈んでいる」。自宅の屋根に鉄柱がめり込んだままとなっている男性(65)はため息をついた。市が用意した借り上げ住宅に家族5人で移ったものの、自宅の状況が心配になってほぼ毎日様子を見に来ているという。

 今回の鉄柱倒壊では、練習場に隣接する住宅十数軒に被害が及んだ。練習場の代理人は、自然災害を理由に補…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文803文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 座間事件 「後悔はある。もっと遊びたかった」 9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  4. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです