メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風15号1カ月 鉄柱倒壊、手つかず 「早く撤去して」「補償合意が先」

台風15号により倒壊してから1カ月が経過したものの、撤去されないままになっているゴルフ練習場の鉄柱=千葉県市原市で2019年10月9日、本社ヘリから尾籠章裕撮影

 千葉県市原市のゴルフ練習場「市原ゴルフガーデン」近くの住宅街では、台風15号による強風で倒れた鉄柱十数本が家の屋根などに倒れたままだ。練習場側が被害補償について曖昧な態度を示していることもあり、鉄柱の撤去に関する住民合意が整わない状況になっている。【加藤昌平】

 「時間がたつにつれ、鉄柱が少しずつ沈んでいる」。自宅の屋根に鉄柱がめり込んだままとなっている男性(65)はため息をついた。市が用意した借り上げ住宅に家族5人で移ったものの、自宅の状況が心配になってほぼ毎日様子を見に来ているという。

 今回の鉄柱倒壊では、練習場に隣接する住宅十数軒に被害が及んだ。練習場の代理人は、自然災害を理由に補…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文803文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです