メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風15号1カ月 千葉住宅被害4.5万棟

台風15号で天井が崩落した粕谷喜美子さんの自宅アパート。現在は避難所で暮らしている=千葉県館山市で8日、秋丸生帆撮影

 千葉県を中心に甚大な被害をもたらした台風15号は9日、上陸から1カ月がたった。毎日新聞の取材では、千葉県だけでも住宅被害は4万5000棟を超える。業者が不足し、壊れた屋根にブルーシートすら掛けられていない住宅も581棟あり、復旧への道のりは遠い。

 総務省消防庁や千葉県の9日までのまとめによると、住宅被害は1都7県で4万1868棟で、このうち一部損壊が3万9348棟と94%を占める。ただ、被害が最も大きい千葉県の市町村に最新の状況を取材すると、被災住宅数は約4万5000棟に上っており、被害は膨らむ見込みだ。

 農林水産業への被害も深刻だ。農林水産省によると、被害額は12都県で503億円に上る。千葉県では特産のビワの木が倒れたり、停電の影響で家畜の豚や養殖していたマダイが大量に死んだりする被害もあった。

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1214文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです