メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風15号1カ月 千葉住宅被害4.5万棟

台風15号で天井が崩落した粕谷喜美子さんの自宅アパート。現在は避難所で暮らしている=千葉県館山市で8日、秋丸生帆撮影

 千葉県を中心に甚大な被害をもたらした台風15号は9日、上陸から1カ月がたった。毎日新聞の取材では、千葉県だけでも住宅被害は4万5000棟を超える。業者が不足し、壊れた屋根にブルーシートすら掛けられていない住宅も581棟あり、復旧への道のりは遠い。

 総務省消防庁や千葉県の9日までのまとめによると、住宅被害は1都7県で4万1868棟で、このうち一部損壊が3万9348棟と94%を占める。ただ、被害が最も大きい千葉県の市町村に最新の状況を取材すると、被災住宅数は約4万5000棟に上っており、被害は膨らむ見込みだ。

 農林水産業への被害も深刻だ。農林水産省によると、被害額は12都県で503億円に上る。千葉県では特産…

この記事は有料記事です。

残り908文字(全文1214文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号 福島・いわき市で6人の死亡確認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです