メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猛烈な台風19号、12日上陸か

[PR]

 大型で猛烈な台風19号は9日、小笠原近海を北西に進んだ。3連休中の12~13日に西日本から東日本にかけて接近、上陸する恐れがある。千葉県で先月、大規模停電をもたらした台風15号や関西で大きな被害を出した昨年9月の台風21号に匹敵する暴風が予想される。気象庁は「台風15号よりも大型であり、気象情報に留意し、早めの対策を」と呼び掛けている。

 台風19号は非常に強い勢力を保ったまま12日ごろ紀伊半島に上陸し、速度を上げながら東海や関東、東北地方を通って13日に北日本沖に進むとみられる。地域によっては大雨、大しけの恐れもある。

 首都圏の鉄道各社は列車の運転を事前に取りやめる「計画運休」について検討を始めており、台風が最接近する前日までに公表する方針。

 台風15号の際、運転見合わせが長引いたJR東日本は、深沢祐二社長が8日の記者会見で計画運休について「反省を踏まえ、運転再開時の対応、情報周知について準備を進めている」と述べた。【井川諒太郎、平井桂月】

東海道新幹線、減便や運休も

 JR東海は9日、接近が予想される台風19号の影響で、12日から13日にかけて東海道新幹線の東京駅―新大阪駅間で、通常より運行本数を減らしたり、運転を見合わせたりする可能性があると発表した。

 台風の進路によって、影響を受ける時間帯や区間も変化する可能性があるため、実際に東海道新幹線の運行計画が確定するのは11日以降になる見込み。同社は、今後の気象情報や運行状況に注意するよう呼び掛けている。【田口雅士】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです