メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル化学賞に吉野さん 名城大、教え子も歓喜 研究姿勢に鼓舞され

記者会見後、吉野さんのパネルを囲んでガッツポーズする小原章裕学長(後列左から2人目)と教え子の学生ら=名古屋市天白区の名城大で9日午後7時46分、川瀬慎一朗撮影

 吉野彰さんが教授を務める名城大(名古屋市)では、小原章裕学長と吉野さんに学んでいる大学院生らがガッツポーズでノーベル賞決定を喜んだ。

 長年産業界で研究を続けてきた吉野さんは一昨年7月、同大の教授に就任。月曜朝の授業のため毎週、日曜夜の最終新幹線で東京から名古屋入りする多忙な生活を送るが「モチベーション(士気)も高く、若い人に教えるのは自分にとってもプラス」と意欲満々だ。

 学生たちも「5年、10年後に何が必要とされるかを感じ取り、実現させるため自らの能力と知識を磨く」と…

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1124文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. HDD情報流出 逮捕の容疑者「転売目的で盗んだ」「中身は不明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです