メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小芝風花

初のアナウンサー役も「通用する」とスタッフ太鼓判 「頑張って練習して良かった」(MANTAN WEB)

ドラマ「パラレル東京」でアナウンサー役に挑戦している小芝風花さん

[PR]

 女優の小芝風花さんが10月10日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われたドラマ「パラレル東京」の取材会に登場。ドラマは「NHKスペシャル『体感・首都直下地震DAY1~DAY4』」内で4夜連続で放送され、小芝さんは今回、アナウンサー役に初挑戦。夏から実際にNHKでアナウンサーレッスンを受けて撮影にのぞんだ小芝さんについて、制作統括の松岡大介チーフプロデューサーは「そのままアナウンサーとして通用するんじゃないかっていうくらい成長している」と太鼓判を押した。

 入局4年目の26歳のアナウンサー・倉石美香を演じる小芝さんは「アナウンサーさんってただ読むだけじゃなく、人に情報を正しく伝えるっていうことが一番大事なことなので、ちゃんと内容を把握していないといけないし、想像していたよりも、すごく難しかったんです」としみじみ。

 さらに「プラスいろいろなところに気を配らなくてはいけなくて。今回はドラマなので原稿を読むだけでも大変なのに、お芝居もってなると『どうなるんだろう?』って不安はずっとレッスンしているときから取れなくて……。でもいざ本番に臨んだら、すごく周りの方がほめてくださって。頑張って練習して良かったなって」と安堵(あんど)の笑顔を見せていた。取材会には共演の高橋克典さん、伊藤淳史さんと出席した。

 「パラレル東京」は、首都直下地震に襲われた東京の架空のテレビ局で働くニュースチームの闘いを、地震発生直後から4日間にわたりリアルタイムで描く。また内閣府がまとめた被害想定に最新の研究成果を加え、被災した東京の姿をVFXで完全映像化する。12月2日午後7時半、同3~5日は午後10時からNHK総合で放送される。

情報提供:MANTAN WEB

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです