メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮漁船衝突 安倍首相「水産庁は国際ルールに従い対処した」

水産庁の取り締まり船「おおくに」の救命艇(右)で、接触した北朝鮮船籍とみられる漁船の乗組員を救助する場面=水産庁提供

[PR]

 安倍晋三首相は10日の衆院予算委員会で、石川県・能登半島沖の日本海の排他的経済水域(EEZ)内で水産庁の漁業取り締まり船と北朝鮮の漁船が衝突した事案について「漁船に対し、放水など毅然(きぜん)とした対処をした。国際的なルールに従って水産庁は対処してくれた」と述べた。国民民主党の玉木雄一郎代表への答弁。

 玉木氏は漁船の違法操業の可能性を指摘し、「なぜせめて事情聴取だけでもしなかったのか」と追及。首相は「水産庁の船員の証言によると、漁獲をしていたところは確認していない。釣ったものも視認できていなかった」と述べた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです