メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共産党が首相主催の「桜を見る会」を批判 「税金私物化の疑惑」

共産党の志位和夫委員長

[PR]

 共産党の志位和夫委員長は10日の記者会見で、首相主催で毎年4月に新宿御苑で開かれている「桜を見る会」に安倍晋三首相の地元後援会関係者が多数招待されていると指摘。「(開催費用の)税金が私物化されていたという疑惑になる。きちんと説明していただきたい」と述べた。桜を見る会は、2012年の第2次安倍政権発足以降、参加者が年々増え、開催費用が膨らんでいる。【浜中慎哉】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

    2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

    3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

    4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

    5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです