メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院予算委 野党、政権追及で「まずは結束」

 臨時国会は10日、衆院予算委員会を開き、論戦が本格化した。立憲民主党と国民民主党など野党は、統一会派として初の質疑となった。立憲は関西電力役員らによる金品受領問題に焦点をあて、国民は消費増税や日米貿易協定の課題をただした。「役割分担」して政権を追及し、まずは連携を演出。安倍晋三首相は憲法改正を巡り、野党を刺激しないよう慎重な答弁に徹した。

この記事は有料記事です。

残り3037文字(全文3208文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです