メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想 中之島の本庁舎活用で最大314億円削減

大阪市の特別区区割り・各区名称案と区役所予定地

 大阪市を廃止して特別区に再編する大阪都構想を巡り、不足する特別区の執務スペースとして市役所本庁舎(北区中之島)を最大限活用した場合、二つの特別区に新庁舎を建設する現案と比べて庁舎整備費を314億円抑えられるとの試算を大阪府・市がまとめた。都構想の制度案を議論する24日の法定協議会で示され、建設案などとともに議論される。

 府市の事務局は、既存の市有施設を利用し、不足分を新設した場合の整備費を現時点で361億円と試算した。統一地方選後に法定協が再開されるのを機に、法定協会長の今井豊府議(大阪維新の会)の要請で、一律で計算していた必要な執務面積を、事務作業を行う本庁舎と児童相談所などの事業所に分類して再試算。スペースが不足する東西区と南区に新庁舎を建設した場合、初期費用を269億円に削減でき、新設せずに中之島の本庁舎…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです