メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大船渡の163キロ右腕・佐々木はロッテが交渉権 最多4球団が競合
号外星稜・奥川はヤクルトが交渉権 3球団が競合

東証反発、終値は95円高の2万1551円

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町

[PR]

 10日の東京株式市場は、米中貿易協議進展への期待から買い注文が優勢になり、日経平均株価(225種)は反発した。ただ、対立再燃への懸念も根強く、値動きは不安定だった。

     終値は前日比95円60銭高の2万1551円98銭。東証株価指数(TOPIX)は0.28ポイント安の1581.42。出来高は約10億6911万株だった。(共同)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

    2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

    3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

    4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

    5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです