メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西鉄が「都府楼前駅」副駅名を「令和の里」に 福岡・太宰府

副駅名「令和の里」が加わった天神大牟田線・都府楼前駅の駅名標デザイン=西日本鉄道提供

[PR]

 西日本鉄道は10日、天神大牟田線都府楼前(とふろうまえ)駅(福岡県太宰府市)の副駅名を22日から「令和の里」にすると発表した。同駅は令和ゆかりの坂本八幡宮の最寄り駅で、天皇陛下の即位に伴う「即位礼正殿の儀」の実施日に合わせた。わかりやすい副駅名で認知度を高め、観光客増加につなげる。

 駅名標も、梅や牛車の車輪などが描かれた黒と金のデザインに一新し、駅舎の入り口2カ所に設置する。西鉄の松藤悟営業企画部長は10日の記者会見で「太宰府観光列車『旅人(たびと)』とリンクさせたデザインで、万葉の里をイメージした」と話した。

 坂本八幡宮は令和の典拠となった万葉集の一節「梅花の宴(うたげ)」が開かれた場所と伝えられ、新元号が発表された4月以降、多くの参拝客が訪れている。都府楼前駅の4~8月の乗降客数は前年同期に比べて約1割増えた。西鉄は副駅名によって更なる利用客増を目指しており、22日には関連イベントを開催する予定。【浅川大樹】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  4. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

  5. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです