メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州-釜山の旅客船航路、9月利用者は8割減 対馬への影響、深刻

九州運輸局の岩月理浩局長=浅川大樹撮影

 九州運輸局は10日、九州・山口と韓国・釜山を結ぶ旅客船の3航路について、9月の利用者数が前年同月比80・6%減の1万9888人だったと明らかにした。このうち、韓国人観光客に大きく依存する長崎県・対馬の航路は89・6%減の6707人で落ち込みが大きかった。いずれも7、8月より減少幅が拡大しており、日韓関係悪化に伴う観光への影響が深刻化している。

 福岡県・博多、山口県・下関、対馬の3カ所と、釜山をそれぞれ結ぶ航路について、旅客船利用者数を集計した。7月が36・3%減の6万7504人、8月は69・4%減の3万9557人で、落ち込み幅が拡大している。

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  4. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

  5. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです