メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州-釜山の旅客船航路、9月利用者は8割減 対馬への影響、深刻

九州運輸局の岩月理浩局長=浅川大樹撮影

 九州運輸局は10日、九州・山口と韓国・釜山を結ぶ旅客船の3航路について、9月の利用者数が前年同月比80・6%減の1万9888人だったと明らかにした。このうち、韓国人観光客に大きく依存する長崎県・対馬の航路は89・6%減の6707人で落ち込みが大きかった。いずれも7、8月より減少幅が拡大しており、日韓関係悪化に伴う観光への影響が深刻化している。

 福岡県・博多、山口県・下関、対馬の3カ所と、釜山をそれぞれ結ぶ航路について、旅客船利用者数を集計し…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  5. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです