メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セブン&アイ、3000人削減 そごう・西武5店を閉鎖

閉店が発表されたそごう西神店=神戸市西区で2016年10月6日午後4時10分、本社ヘリから三村政司撮影

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は10日、グループのリストラ策を発表した。人口減少やインターネット通販の普及など競争環境の激変が背景にあり、2022年度までに総合スーパー「イトーヨーカ堂」と百貨店「そごう・西武」で不採算店の閉鎖と人員削減を進める。両社の社員の約2割に当たる約3000人を自然減も含めて削減する計画だ。

 中核のコンビニ「セブン―イレブン・ジャパン」では、フランチャイズチェーン(FC)加盟店が支払う加盟店料を減額して経営を支援する。

この記事は有料記事です。

残り1391文字(全文1619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  5. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです