メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンゴではしか流行、4000人死亡 エボラ熱上回る

[PR]

 ユニセフは9日、コンゴではしかが流行し、今年1月以降、全26州で20万人以上が感染し約4000人が死亡したと発表した。感染者の7割、死者の9割を5歳未満の子どもが占めている。

 コンゴでは東部の北キブ州とイトゥリ州で昨年8月からエボラ出血熱が流行し、2100人以上が死亡した。ユニセフは「(はしかは)エボラ熱より、はるかに多くの命を奪っている」と警鐘を鳴らしている。

 コンゴの今年のはしか感染者数は、2018年全体の3倍を超えた。流行を食い止めるには人口の9割以上がワクチンを接種しないといけないが、18年時点で接種率は6割弱にとどまっている。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです