メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

設備投資・輸出の減少傾向「明確になった」9月FOMC議事要旨

パウエルFRB議長=AP

 米連邦準備制度理事会(FRB)は9日、政策金利の0・25%引き下げを決定した9月17、18日の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公表した。参加メンバーは7月以降、米中貿易戦争を要因とした設備投資や輸出の減少傾向が「より明確になった」と判断。「予防的利下げ」を決めたことが明らかになった。

 この会合では、10年半ぶりに利下げした7月会合に続き、2回連続の利下げに踏み切った。議事要旨によると、参加メンバーからは、米中貿易戦争や海外経済減速に伴う米製造業の景況悪化が「雇用や個人消費に悪影響を与える」リスクを指摘する意見が出たほか、「中期的に景気後退の発生リ…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです