メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「1国2制度拒否」蔡総統 香港デモで一転優勢 台湾総統選まで3カ月

台湾総統選に再選を目指して出馬する与党・民進党の蔡英文総統=米ニューヨークで2019年7月12日、隅俊之撮影

 台湾総統選(来年1月11日投開票)まで11日であと3カ月に迫った。独立志向がある民進党の蔡英文総統(63)と、対中融和路線の国民党から出馬する韓国瑜・高雄市長(62)による事実上の一騎打ちの構図となる見通しだ。香港で起きたデモで台湾世論の間に中国への警戒感が強まり、「反中」姿勢を鮮明にする蔡氏が各種世論調査で優位に立つ。韓氏は中台の対話の必要性を訴えるが、反転攻勢の戦略を描き切れていない。

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1255文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです