メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「東アジアのために日本は政策転換を」韓国の李元首相ら19人が声明

崔相龍・元駐日大使=ソウル市内で2018年9月16日、堀山明子撮影

 韓国の李洪九(イホング)元首相、崔相龍(チェサンヨン)元駐日大使ら有識者19人が10日、ソウル市内で記者会見し、「東アジアの平和の進展のために日本は政策転換を」と訴える声明を発表した。日韓請求権協定を含む「1965年体制」について「限界はあるが、これを基に発展してきた」と歴史的役割を評価。植民地支…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文288文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです