メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の迷走利用 トルコ、シリア侵攻しクルド人攻撃 避難民流出の恐れ

 トルコ軍は9日、隣接するシリア北部でクルド人勢力に対する地上作戦を開始した。この地域で展開していた米軍駐留部隊の撤収を見計らったタイミングでの攻撃で、トルコが迷走する米国のシリア戦略を突いた形となった。内戦の続くシリアで新たな避難民が大量に出る可能性があるほか、クルド人勢力の弱体化で過激派組織「イスラム国」(IS)が「復活」する可能性も懸念されている。

 「我々の目標は我が国南部の国境を越えるテロ回廊を阻止することだ」。トルコのエルドアン大統領はツイッターでこう強調し、軍事作戦はあくまでテロ組織掃討が目的だと訴えた。トルコ軍は「標的は武器庫で、民間人の居住地域からは離れている」と主張した。

 トルコでは長年、独立を求めクルド人の非合法組織が武装闘争を続けてきた。今回トルコ軍の標的は、クルド人武装組織「人民防衛隊」(YPG)が中心の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)だ。トルコ政府はSDFを国内のクルド人非合法組織と連携する「テロ組織」だとしてきた。

この記事は有料記事です。

残り2017文字(全文2445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 持続化給付金 なぜ再委託? 差額20億円の用途は? 説明渋る与党

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです