メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北方領土ツアー延期に 外務省「ロシア側の都合」 地元は早期実施期待

北海道標津町の上空から望む国後島の爺爺岳(左)。右奥は択捉島=2019年1月30日午前8時17分、本社機「希望」から

 日露による北方四島での共同経済活動として、11~16日に計画されていた日本人向け観光パイロットツアーが出発を目前に控えた8日夜、突然延期となり、参加者や地元関係者を驚かせた。延期について、外務省は「ロシア側の都合」としか発表しておらず理由は判然としない。

 参加予定だった道北方領土対策根室地域本部の東田俊和副本部長は9日、根室振興局内で「出発…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「性暴力被害者の声をつぶすな」フラワーデモ主催者らオンラインで緊急集会 杉田議員発言に抗議

  2. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  3. プロ野球 DeNA5-2広島 広島・森下、新人王へ足踏み

  4. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  5. 新型コロナ 佐野の30代男性が感染 /栃木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです