メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号、12~13日上陸の恐れ 暴風や大雨に警戒

 台風19号の予想進路(10日9時現在)

[PR]

 大型で猛烈な台風19号は10日、日本の南の海上を北寄りに進んだ。非常に強い勢力を保ったまま12~13日に西日本から東日本に接近し、上陸する恐れがある。気象庁は、全国的に暴風や大雨、大しけの可能性があるとして注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、台風の接近に伴い、南から暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本の太平洋側と東日本では、11日午後から大気の状態が非常に不安定となる。

 台風19号は10日正午現在、父島の南西約440キロを時速約20キロで北に進んだ。中心気圧は915ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートル。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです