メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猛暑が影響 新潟コシヒカリがピンチ 1等米比率最低に

収穫に精を出す農家=南魚沼市で2019年10月1日撮影

 今秋収穫された新潟県産コシヒカリの1等米の比率が過去最低レベルとなっている。8月中旬の記録的な猛暑が原因で、県によると9月23日現在の1等米比率は約15%と前年の2割以下に落ち込んだ。コメの等級は食味には関わらないものの、価格に大きく影響し、現場の農家からは悲鳴が上がっている。【井口彩、板鼻幸雄】

 「就農から10年、ここまで1等米が少ないのは初めて」。南魚沼市で南魚沼産コシヒカリを作付けする専業農家、関隆一さん(36)は肩を落とした。約20ヘクタールある関さんの田んぼでは、1等米の比率が過去最低の約3割に落ち込み2等や3等のコメが続出。「今年の所得が下がるのは確実。夏の暑さの影響でこんなことになるとは……」

 県産米の等級を調べている県農産物検査協会の検査結果によると、9月23日現在のコシヒカリの1等米比率は、例年の約8割から大きく下がり14・6%。検査の進捗(しんちょく)率は約3割のため数値は今後も変動するが、このままのペースで検査が進めば、2010年の20・3%を割り込み、現在の検査規格になった1978年以来最低となる可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 全長18.5メートルの巨大クジラ漂着 死因不明 福井・美浜町の海岸

  4. Social Good Opinion 廃棄される花にもう一度命を

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです