メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウンカ被害 九州東岸や四国で拡大 6県で警報、早めの収穫呼びかけ

トビイロウンカによる食害で枯れて白っぽく変色してしまった水田。両隣の水田にも被害が広がりつつある=大分県豊後大野市清川町で2019年10月3日午後2時32分、衛藤親撮影

 九州東岸や四国で収穫前の水田に害虫、ウンカによる食害が拡大している。九州・山口では佐賀、鹿児島両県を除く6県で警報が発令され、大分県内では大分市や豊後大野市、竹田市など県中部や南部一帯で被害が目立つ。8月中旬からの長雨で農薬が散布できない時期が続いたことなどが原因とみられ、県は被害拡大を抑えるため早めの収穫を呼びかけている。

 県によると、ウンカは稲の茎から水分を吸い、稲を枯死させる。被害を出しているのは害虫の中でも最も猛威…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

  4. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです