メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コアラの「アーク父ちゃん」もう一踏ん張り 英国で繁殖に協力、天王寺動物園から出発

お気に入りのユーカリの木を目指して歩くアーク=大阪市天王寺区で2019年10月2日午前9時17分、野田樹撮影

 大阪市天王寺動物園(大阪市天王寺区)でただ1頭飼育されてきた雄のコアラ「アーク」(12歳)が、過去に3頭の子をもうけた実績を買われて英国の動物園に貸し出されることになり、10日早朝に園を出発した。貸出期間は10年で、現地で寿命(平均約15~20歳)を迎える可能性が高い。園は今後、コアラ飼育の中止を決めており、長く付き添ってきた飼育員は期待と寂しさを抱えながら長旅に同行する。

 アークは2008年6月、豪州のメルボルン動物園から来た。「淡路ファームパークイングランドの丘」(兵庫県南あわじ市)に一時貸し出されていた期間も含め、2頭の雌との間に3頭の子どもが生まれた。飼育員から付けられた愛称は「アーク父ちゃん」。16年6月から1頭だけになったが、高さ10メートルもあるユーカリの大木の上でくつろぐ様子などがネットで公開され、園随一の人気者となった。

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです