メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コアラの「アーク父ちゃん」もう一踏ん張り 英国で繁殖に協力、天王寺動物園から出発

お気に入りのユーカリの木を目指して歩くアーク=大阪市天王寺区で2019年10月2日午前9時17分、野田樹撮影

 大阪市天王寺動物園(大阪市天王寺区)でただ1頭飼育されてきた雄のコアラ「アーク」(12歳)が、過去に3頭の子をもうけた実績を買われて英国の動物園に貸し出されることになり、10日早朝に園を出発した。貸出期間は10年で、現地で寿命(平均約15~20歳)を迎える可能性が高い。園は今後、コアラ飼育の中止を決めており、長く付き添ってきた飼育員は期待と寂しさを抱えながら長旅に同行する。

 アークは2008年6月、豪州のメルボルン動物園から来た。「淡路ファームパークイングランドの丘」(兵庫県南あわじ市)に一時貸し出されていた期間も含め、2頭の雌との間に3頭の子どもが生まれた。飼育員から付けられた愛称は「アーク父ちゃん」。16年6月から1頭だけになったが、高さ10メートルもあるユーカリの大木の上でくつろぐ様子などがネットで公開され、園随一の人気者となった。

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、学校再開は見直す可能性 経済対策「かつてない規模」、給付金創設

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  5. 千葉・東庄の障害者施設 58人の集団感染 利用者26人、職員32人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです