メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「やさしいナスの味」マフィン 高校生育てた野菜が大変身

「ナスのシナモンマフィン」を売り込む岐阜農林高校1年の(手前左から)河村優秋さん、菊池琴子さん、小寺美菜穂さんと、パティシエの米原健一さん=岐阜市下尻毛の「パティスリー ケンケン」で2019年10月7日午後5時7分、花岡洋二撮影

 県立岐阜農林高校(北方町)の園芸科学科1年生41人が育てたナスをトッピングした「ナスのシナモンマフィン」が、洋菓子店「パティスリー ケンケン」(岐阜市下尻毛)の秋の新商品として登場した。同校1年の河村優秋(ゆあ)さん(15)は「最初にシナモン味が来て、続いてほんの少しナスの味がやんわりと来る、ちょっと違ったお菓子」とPRしている。【花岡洋二】

 ナスは、1年生が初めて栽培する野菜の一つ。苗から育て、肥料の違いによる実り方の違いなどを観察。7~9月に収穫した。菊池琴子さん(15)は「早朝に収穫し、重量を量るために重いカゴを運ぶのが大変だった」と振り返る。多くは校内の売店で市民らに売り、規格外のナスを45リットルサイズで3袋分、「ケンケン」に納めた。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです