メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長期入院の励みになれば… 小児がん経験者の道化師、病棟訪問続けて10年

女児にバルーンアートを贈る林志郎さん(左)=福岡県久留米市旭町の久留米大学病院小児病棟で2019年10月8日午後2時52分、高芝菜穂子撮影

 小児がんの経験者としての思いを胸に、道化師(クラウン)として小児病棟の訪問を続けている北九州市八幡東区、林志郎さん(41)の活動が10年目を迎えた。今月上旬には林さんも3年間、入通院した久留米大学病院小児病棟(福岡県久留米市)をクラウン仲間2人と訪れ、マジックやバルーンアートなどを披露。入院中の子供に笑顔と希望を届けた。

 「いくよー、せーの」。クラウン姿で小児病棟に登場した林さんが軽快な音楽に合わせてボール3個をお手玉…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1023文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 羽生SP97.43で2位 首位チェンは自己ベスト110.38 GPファイナル

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 羽生、大技で巻き返しか 3大会ぶり奪還狙う ファイナル2位発進

  5. 「側近もあぜん」首脳らヒソヒソ 動画にキレた? トランプ氏会見キャンセル、帰国

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです