長期入院の励みになれば… 小児がん経験者の道化師、病棟訪問続けて10年

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女児にバルーンアートを贈る林志郎さん(左)=福岡県久留米市旭町の久留米大学病院小児病棟で2019年10月8日午後2時52分、高芝菜穂子撮影
女児にバルーンアートを贈る林志郎さん(左)=福岡県久留米市旭町の久留米大学病院小児病棟で2019年10月8日午後2時52分、高芝菜穂子撮影

 小児がんの経験者としての思いを胸に、道化師(クラウン)として小児病棟の訪問を続けている北九州市八幡東区、林志郎さん(41)の活動が10年目を迎えた。今月上旬には林さんも3年間、入通院した久留米大学病院小児病棟(福岡県久留米市)をクラウン仲間2人と訪れ、マジックやバルーンアートなどを披露。入院中の子供に笑顔と希望を届けた。

 「いくよー、せーの」。クラウン姿で小児病棟に登場した林さんが軽快な音楽に合わせてボール3個をお手玉のように操ると、大きな拍手が起きた。病室では映画「リトル・マーメイド」が大好きな女児に風船でキャラクターを作ってプレゼントした。

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文1023文字)

あわせて読みたい

注目の特集