メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 東海地方でも暴風や大雨予想 12日午後から夜にかけ最接近

漁船をロープで係留し、台風に備える漁師たち=三重県尾鷲市天満浦で2019年10月10日午前9時18分、下村恵美撮影

[PR]

 名古屋地方気象台によると、台風19号は東海地方では12日午後から夜にかけて最も接近する見通しで、暴風や大雨が予想される。12日午後6時までの24時間雨量は多いところで▽三重300~400ミリ▽愛知・岐阜100~200ミリ――との予報で、その後さらに雨量が増える見込み。

 三重県尾鷲市天満浦の天満港では10日、早朝から漁師たちが船が転覆しないように係留する作業に追われた。

 同港は堤防により風や波を受けにくいため、台風の接近前には市内の漁船が避難してくる。漁師たちは堤防に船のロープを結びつけた後、隣り合わせた船と船をつないだり、漁具などを船底に片付けたりしていた。「既にうねりが発生している。大潮の時期なので、被害がないよう願いたい」と心配しながらも、手を休めることなく作業していた。【下村恵美、太田敦子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. HDD情報流出 逮捕の容疑者「転売目的で盗んだ」「中身は不明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです