「激辛カレー」いじめ被害教諭がメッセージ「また元気な姿を必ず見せる」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
いじめ問題で頭を下げる神戸市立東須磨小の仁王美貴校長(右)ら=神戸市中央区の同市役所で2019年10月9日午後5時1分、峰本浩二撮影
いじめ問題で頭を下げる神戸市立東須磨小の仁王美貴校長(右)ら=神戸市中央区の同市役所で2019年10月9日午後5時1分、峰本浩二撮影

 神戸市立小でいじめ被害に遭った20代の男性教諭は10日、代理人弁護士を通じて、教え子らに向けたメッセージを公表した。

 男性教諭は「職員室が怖かった分、毎日子どもといる時間が幸せでたまらなかった」と振り返った。体調を崩して休職中の現状にも触れ、「今の先生だからこそ、お願いです。つらい時、悲しい時、自…

この記事は有料記事です。

残り76文字(全文226文字)

あわせて読みたい

注目の特集