メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

いじめ問題で頭を下げる神戸市立東須磨小の仁王美貴校長(右)ら=神戸市中央区の同市役所で2019年10月9日午後5時1分、峰本浩二撮影

 神戸市須磨区の市立東須磨小学校で20代の男性教諭が先輩教員4人からいじめ・暴行を受けた問題で、加害者の30代の男性教諭が児童の腕を骨折させていたことが、市教委への取材で判明した。久元喜造市長は10日、「市教委の統治能力は欠如している」と述べ、来週中にも市長部局に、外部の専門家による調査チームを発足させると発表した。

 市教委によると、男性教諭は2016年5月、体育の授業でバレーボールをしていた際、コートに入ろうとし…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 焦点 人選に官邸の影 NHK新会長に前田氏

  3. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  5. ORICON NEWS のん、片渕須直監督の“脅し”に戦々恐々「気合い入れてね、と…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです