メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安くておいしい「福岡市食堂」21年3月で終了へ 市役所本庁舎15階で眺望も良く

昼食時間帯ににぎわう福岡市役所の食堂=福岡市中央区天神の福岡市役所15階で2019年10月4日午後0時16分、杣谷健太撮影

 福岡市中心部の天神地区にあり、安くておいしいと一般市民も多く訪れる市役所本庁舎15階の職員食堂(中央区天神1)が2021年3月でなくなる予定となった。市が、民間ビルを間借りして賃料負担が生じている研修室などを、食堂のスペースに移す再編案をまとめたため。30年以上続く食堂の灯が消えることとなり、市民から悲しむ声が上がっている。

 10月上旬。正午を過ぎると、市職員らとともに周辺の企業の社員ら一般市民が詰めかけた。「定食以外は中へどうぞ」。入り口付近は注文待ちの行列もできるほどの混雑ぶりで、従業員が声を掛けた。午後0時半過ぎには売り切れる定食も出た。

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文991文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです