メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワクチン接種可能に 防疫指針改定へ 豚コレラ対策、10県推奨地域に

 農林水産省は10日、豚コレラ対策の有識者会議を開き、豚へのワクチン接種を可能にする防疫指針の改定案を了承した。これを受け農水省は来週にも防疫指針を改定し、野生イノシシの感染が今月確認された群馬を含め10県をワクチン接種の推奨地域に選定する。早ければ月内にも接種が始まる見通しだ。

 これまでの防疫指針は迅速な殺処分を原則としており、予防的なワクチン接種は認められていなかった。改定案はワクチン接種の条件を「野生イノシシによる豚コレラ感染が継続的に確認され、衛生管理のみでは感染拡大の防止が困難と認められる場合」と規定。感染リスクの高い地域を「ワクチン接種推奨地域」に設定した。

 接種推奨地域は、飼育豚や野生イノシシで感染が確認された群馬、埼玉、富山、石川、福井、長野、岐阜、愛知、三重、滋賀の10県。各県は具体的な接種地域や開始時期、対象頭数を盛り込んだ「接種プログラム」の策定に着手しており、指針改定後、農水省の確認を経て実施を最終決定する。千葉や静岡などもワクチン接種を国に要望しているが、野生イノシシの感染が見つかっていないため認めない方向だ。

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  5. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです