メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石綿被害・福岡訴訟 国が上告断念へ 遅延損害金起算日巡り敗訴続き

福岡地裁などが入る庁舎=福岡市中央区六本松で、平川昌範撮影

 アスベスト(石綿)が原因で肺がんを発症した北九州市の男性が国に損害賠償を求めた訴訟で、賠償金の利息にあたる遅延損害金の起算日を「医師の診断日」と判断し「労災認定日」とする国の主張を退けた9月の福岡高裁判決について、国は10日、上告を断念する方針を固めた。全国の同様の訴訟で、国の敗訴が相次いでいるためとみられ、今後の補償のあり方に影響を与…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

  3. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  4. 伊原六花 登美丘高校ダンス部元キャプテン、CMで自身考案ダンス披露

  5. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです