メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本・スコットランド戦は13日判断 ラグビーW杯、台風で2試合中止

日産スタジアム=横浜市(共同通信社ヘリから)

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の組織委員会と国際統括団体ワールドラグビーは10日、東京都内で記者会見し、台風19号による影響を考慮し、12日の1次リーグ3試合のうち、B組のニュージーランド―イタリア(愛知・豊田スタジアム、午後1時45分開始)とC組のイングランド―フランス(横浜・日産スタジアム、午後5時15分開始)の2試合を中止すると発表した。1987年から4年に1度開催しているW杯は今大会が9回目で、試合の中止は初めて。

 日本と同じA組である12日のアイルランド―サモア(午後7時45分開始、福岡・レベルファイブスタジアム)は実施する。日本―スコットランド(横浜・日産スタジアム、午後7時45分開始)を含む13日の4試合は開催を目指し、当日に実施の可否を検討する。組織委の嶋津昭事務総長は「チーム、観客の安全を考えたうえで、一番適切な対応を内部で検討してきたが、2試合の中止はやむを得ないという結論に至った」と語った。

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです