メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

思わぬ荒天で好カード中止 13日は開始時刻変更など柔軟な対応に期待

ラグビーW杯で1次リーグ突破を懸けたニュージーランド戦の中止を受け、記者会見したコナー・オシェイ監督(右)。左は悔しさをにじませるセルジオ・パリセ主将=愛知県豊田市で2019年10月10日午後2時2分、三浦研吾撮影

 日本が優勝候補のアイルランドを破り、182万枚のチケットが完売しつつあるラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会。注目度が高まる中、思わぬ逆風が吹いた。

 日本に接近する台風19号の影響で、12日に予定した2試合が中止となった。国際統括団体ワールドラグビー(WR)のアラン・ギルピン最高執行責任者は「(開幕からの)3週間を振り返ると、日本で開催したことで素晴らしい大会になっている。我々はリスクがあることは分かっていた」と強調しつつ、「大変な大きさの台風がシーズン終わりに来るのはまれだと聞く」と無念の思いをにじませた。

 ラグビーは消耗の激しいスポーツで疲労回復に時間を要するため、W杯は大会期間が44日間と夏季五輪やサ…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです