メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「状態イイネ!」巨人・ゲレーロ、初安打が貴重な2ラン

【巨人-阪神】四回裏巨人無死二塁、ゲレーロ(中央)が左越え2点本塁打を放ち、ベンチ前でチームメートと喜ぶ=東京ドームで2019年10月10日、滝川大貴撮影

 巨人のゲレーロが放ったCS初安打は、ど派手なアーチだった。1点リードの四回、貴重な追加点となる2ランを放った。

 先頭の岡本が左中間二塁打を放った後に登場。2球連続ファウルでカウント2ストライクとなったが、それでも冷静だった。6球目、真ん中低めのスライダーをすくい上げて、左翼席にたたきこんだ。「大事な試合なので、絶対に走者を還したいと思っていた。最高の結果になって良かった」

 中日に在籍していた2017年は35本で本塁打王を獲得する活躍を見せたものの、チームは5位に終わった。巨人に移籍し、15本塁打だった昨季、チームは3位でCSに進出。しかし、ファーストステージでゲレーロに出番はなく、ファイナルステージも5打数無安打、2三振と貢献できなかった。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  2. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです