特集

サッカー日本代表

ワールドカップ2022カタール大会出場を目指すサッカー日本代表。代表戦のテキスト速報や最新のニュースをお届けします。

特集一覧

「ホーム初戦の呪縛」あっさり霧消 伊東の完璧クロスから南野鮮やか先制弾

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本-モンゴル】前半、ゴールを決めて喜ぶ南野=埼玉スタジアムで2019年10月10日、宮武祐希撮影
【日本-モンゴル】前半、ゴールを決めて喜ぶ南野=埼玉スタジアムで2019年10月10日、宮武祐希撮影

W杯アジア2次予選○日本6-0モンゴル●(10日・埼玉スタジアム)

 突くべきところを突いて勝つ。分析に基づき、着実に遂行できる選手がピッチにはいた。重圧に苦しみ、結果が出なかった「ホーム初戦」という呪縛から解放された。

 モンゴルは自陣に日本が入るまで圧力をかけに来ず、ゴール前でコンパクトな陣形で守備を固めた。吉田は「相手は体の大きな選手が多い分、クイックネスに欠ける。僕らには相手の裏を突ける選手が多くいる」と言う。相手の弱点を突き、速い攻撃で消されたスペースを作り出した。

 前半22分の南野の先制点。右サイドで酒井が、伊東に相手の背後を取らせるように縦に速いボールを送った。そのことで、相手の守備がワンテンポ遅れ、寄せられる前に伊東がクロスを上げ、南野もゴール前での対応で先手を取った。狙い通りの形だった。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文615文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集