メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ホーム初戦の呪縛」あっさり霧消 伊東の完璧クロスから南野鮮やか先制弾

【日本-モンゴル】前半、ゴールを決めて喜ぶ南野=埼玉スタジアムで2019年10月10日、宮武祐希撮影

W杯アジア2次予選○日本6-0モンゴル●(10日・埼玉スタジアム)

 突くべきところを突いて勝つ。分析に基づき、着実に遂行できる選手がピッチにはいた。重圧に苦しみ、結果が出なかった「ホーム初戦」という呪縛から解放された。

 モンゴルは自陣に日本が入るまで圧力をかけに来ず、ゴール前でコンパクトな陣形で守備を固めた。吉田は「相手は体の大きな選手が多い分、クイックネスに欠ける。僕らには相手の裏を突ける選手が多くいる」と言う。相手の弱点を突き、速い攻撃で消されたスペースを作り出した。

 前半22分の南野の先制点。右サイドで酒井が、伊東に相手の背後を取らせるように縦に速いボールを送った…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  4. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  5. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです