メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外宍戸錠さん死去「エースのジョー」「渡り鳥」シリーズ

森保J 速い崩し 光った右サイドの伊東、3アシストで先発起用にこたえる

【日本-モンゴル】前半、ボールをキープする伊東(中央)=埼玉スタジアムで2019年10月10日、宮武祐希撮影

W杯アジア2次予選○日本6-0モンゴル●(10日・埼玉スタジアム)

 内容でも、結果でも、勝つ――。国際サッカー連盟ランキング31位の日本に対し、モンゴルは183位。格下相手に、内容も圧倒しての勝利が当たり前。簡単なようで難しいミッションだったが、日本は6得点で面目を保った。

 相手の戦い方は明らかだった。自陣に11人全員がこもって守りを固めてきた。ほころびかけても、体を張って何とか土俵際で踏ん張る。ならば、速い崩しで攻めるのが日本のやり方。そこで効いたのが、堂安に代わって2列目の…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです