メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

文化 囲碁 芝野八段、19歳で名人に

[PR]

 囲碁いご名人めいじんめる、だい44名人戦めいじんせん七番ななばん勝負しょうぶだいきょくが7、8ようかにありました。挑戦者ちょうせんしゃ芝野虎丸しばのとらまる八段はちだん(19)が張栩ちょうう名人めいじん(39)にち、4しょうぱいで、はじめて名人めいじんになりました=写真しゃしん。19さい11かげつでの7だいタイトル獲得かくとくは、井山裕太いやまゆうた九段くだんの20さい4かげつく、さいねんしょう記録きろく。10だいで7だいタイトルをにするのもはじめてです。芝野しばの八段はちだん九段くだん昇段しょうだんします。

     プロりしてから5ねん1かげつでのタイトル獲得かくとく最速さいそく九段くだん昇段しょうだんさいねんしょう最速さいそく記録きろくです。「10だいではきびしいとおもっていたのでれてよかった。井山いやま先生せんせいみたいにどんどんタイトルをりたい」とよろこびをかたりました。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

    2. ひこにゃんも天皇陛下の即位祝う 日の丸を手に登場

    3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

    4. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

    5. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです