メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

小川町駅スグ!創業23年になる焼鳥店。客の99%が注文する〆の鳥そぼろご飯が絶品!

情報提供:まとメシ

 大将が炭火を微調整しながら焼き上げる姿に見惚れてしまった。コースでオーダーした焼鳥の「ささみ」や「砂肝」の絶妙な塩気、「もも肉」や「ねぎ巻」などはしっかりめの焼き具合で供され、熱々を頬張ればあふれ出てくる旨さに感動。

鳥ひろ(最寄駅:小川町駅、淡路町駅)

朝挽きの鶏を繊細な火入れで楽しめる焼鳥店

創業23年になる店には、平日は近隣のビジネスマンが、土曜は家族連れが訪れ、ゆったり過ごす。

焼き鳥コース(お通し、串8本〈ささみ・レバー・砂肝・う玉・もも肉・だんご・ねぎ巻・ぼんちり〉、サラダ、スープ)

3100円 9e9a4b45c671de2028d8bb0d3e947ed2 親鶏をメインに噛むほどコクと旨みが増す「だんご」など、ひと手間かけた焼鳥。鶏ガラ100%のスープは五臓六腑に沁みわたる

焼き鳥単品

1本300円 4e7174b6d2f273c0ba45dc7cf2317a0c 歯応えの良いハツもと(前列右)など希少部位も

そぼろごはん

600円 c4b56f5152161927a47a57f28582b84c 客の99%が注文する〆。スジが入るゴロゴロとした肉感がアクセントになった深い味わいも美味しさの秘密だ。注文が入ってから火入れする

ささみ漬け

600円 a39ad07da18016c38a17962640850181 しっとりとした旨さに、酒が進む一品

お店からの一言

b60aca2b77b7d7d529010c3f88aa63d1 店主 伊藤弘彦さん 「20年以上の常連さんも多くおいでです」

鳥ひろの店舗情報

e0de80c00be28b4f7f55e9115627df63 [住所]東京都千代田区神田須田町1-4 清水ビル1階 [TEL]03-5256-3855 [営業時間]17時半~22時LO、土17時半~20時(19時半LO) [休日]日・祝、第2土、不定休 [席]カウンターあり、全20席/全席喫煙可/20時まで予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]都営新宿線小川町駅・丸ノ内線淡路町駅A1・A2番出口から徒歩1分

電話番号 03-5256-3855
撮影/小島 昇 取材/市村幸妙 2018年10月号発売時点の情報です。

関連記事

[閉店]鳥焼 金太郎(焼き鳥/飯田橋)

鳥福(焼き鳥/渋谷)|渋谷で焼き鳥ひと筋

[やきとりテツ(焼き鳥/道玄坂)] 絶品鶏料理が目白押し

ビストロ ゴキゲン鳥|新鮮な大山どりを使用した「鳥わさ丼」がなんとワンコイン!(焼き鳥/渋谷)

酉玉 神楽坂店|バリエーション、使い勝手は自由自在(焼き鳥/神楽坂)


情報提供:まとメシ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  4. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです